Wisdom GuildMTG wiki ようこそ、名も無き者さん | ログイン
  • 現在、リンクはありません
2022/10/03(月) 16:23:16

青白フェアリーデッキ(診断終了)

1 :
John
CREATURES (26)
4 《雲のスプライト / Cloud Sprite》
4 《霧縛りの徒党 / Mistbind Clique》
4 《やっかい児 / Pestermite》
4 《ウーナの末裔 / Scion of Oona》
2 《誘惑蒔き / Sower of Temptation》
4 《呪文づまりのスプライト / Spellstutter Sprite》
4《石覆い》
SPELLS (10)
4 《忘却の輪 / Oblivion Ring》
2 《謎めいた命令 / Cryptic Command》
4 《ルーンのほつれ / Rune Snag》
LANDS (24)
4 《アダーカー荒原 / Adarkar Wastes》
2 《石灰の池 / Calciform Pools》
4 《雨雲の迷路 / Nimbus Maze》
8 《島》
4 《平地》
2 《フェアリーの集会場》
SIDEBOARD (15)
3 《テフェリーの濠》
4 《十二足獣》
2 《誘惑蒔き》
2 《ジェイス・ベレレン》
2 《神の怒り》
2 《霊魂放逐》
近くのカード店のスタンダードの大会に出場しようと考えています。
[コンセプト]
コンセプトを変更しました。クロックパーミッションのような動きになってきました。序盤は、《呪文づまりのスプライト》、打消しや《やっかい児》などで相手をけん制しつつ、フェアリーを並べ殴っていくという形です。
[資産]
3万円程度
[困っている点]
ウィニーのように、序盤にクリーチャーをたくさん並べるデッキ相手だと《霧縛りの徒党》でロックしても場に生物がたくさんいるのでそのままごり押しでやられてしまいます。その対処法をどうするか?
スタンダードで最近はじめたばかりなので、どういったデッキが主に使われているのか?それの対策も寄せていただきたい。
サイドボードをどうするか困っています。
[メタ]
キスキンウィニー、大会で台頭してきそうなデッキ
[フォーマット]
スタンダード
(last edited: 2008/01/06(日) 17:35:16) 2007/12/31(月) 09:58:51

2 :
《やっかい児》
霧縛りに瞬きして戻ってきたやっかい児で相手クリーチャータップや序盤のけん制、けっこうクロックを稼いでくれる。
《神の怒り》
撃って損はしない。石灰の池にカウンターが溜まっているなら返しのクリーチャーにも対応できるだろう。
《遅延》or《ルーンのほつれ》
霧縛りロックが決まる前に助けてくれる。
霧縛りロックがきまればやっかい児のクロックも含めて4ターン弱で終わるので出てきても耐え切れる。

いらないのは
《外身の交換 / Crib Swap》
重い、フェアリーは1/1でも危険。
《妖精の先触れ / Faerie Harbinger》
キスキン相手に重い。
2007/12/31(月) 12:04:55
3 :
John
早速の診断ありがとうございます。
《やっかい児》は、以前入れていたのですが3マナで出すのに時間がかかるかと思って抜いていました。けれども、やはり入れてみたほうがいいですかね?検討してみます。
《神の怒り》やはり、クリーチャー並べるデッキには必要なのでしょうか?また、メイン投入が必須なのか検討してみます。
《遅延》OR《ルーンのほつれ》などのカウンターはやはり必要ですかね;;自分でも、除去ばかり入れているのはどうかと思っていたので回してみて検討してみます。
《外身の交換》は、確かに使ってみてキスキン相手だともともとクリーチャーはパワーが低かったりしますので効果が薄いと感じる事はありました。抜く候補に上げて上記のカードを検討してみます。
《妖精の先触れ》
此方に関しては、抜くのは悩むところです。サーチ能力はとても使い勝手が良く感じていますので;;重いのは確かですが;さらに、《妖精の先触れ》《霧縛りの徒党》で覇権させた上での《一瞬の瞬き》のシナジーは相手を何ターンもロックできます。
いろいろとご指摘いただきありがとうございます。
意見を参考に、実際にまわしてみます。
2007/12/31(月) 12:32:56
4 :
名も無き者
一般的な青黒フェアリーはクロックパーミ的な動きをするけど、スレ主の目指すフェアリーはもう少し遅い感じなのかな?
ただ、もう少し軽めの生物も入れておかないと肝心の徒党ロックもあまり意味がないと思う。
本来のフェアリーは自分のターンは基本的に土地置いて殴って終了、相手のターンにクリーチャー展開しつつ、5点ぐらいのクロックを刻んでいくデッキだ。メインターンにプレイするものなんて《ウーナのうろつく者》くらいしかいない。
このデッキは《ウーナのうろつく者》が入らないから序盤の線が細くなるけど、そこを何とか補うのが課題じゃないかな。

出来るだけ早いターンに勝負を決めたいなら《神の怒り》は必要ない。
《熟慮》も撃つ暇が無いだろう。それよりも生物を増やすべきだ。
《外見の交換》もメタに対してあんまり有効でないんで入れない方がいい。そのストックはやはり軽めのカウンターじゃないかな。

とりあえず入れるべき生物の候補としては《ウーナの末裔》《やっかい児》《誘惑撒き》。末裔は《一瞬の瞬き》とアンシナジーなんで微妙だが、早いターンで決着をつけたいなら必須になって来る。その他のカードは瞬きとの相性もいいので、鉄足抜いて入れるべし。てか、このデッキに鉄足は要らない。
《妖精の先触れ》を抜くかどうかはスレ主次第だが、いれるにしても4枚は辞めたほうがいいよ。それよりも必要なカードを増やすことが先決だと思う。
あと、《呪文詰まりのスプライト》は4枚。軽いフェアリーは必須。
2007/12/31(月) 13:02:27
5 :
John
2のかたが言ってくれたカード、《やっかい児》を3枚INで《外身の交換》OUT3枚、《ルーンのほつれ》を4枚IN、《妖精の先触れ》を4枚OUTで回してみました。
《やっかい児》は、良い動きをしたように思えました。《一瞬の瞬き》での使い回し、《やっかい児》《霧縛りの徒党》で覇権していて他に1対クリーチャーコントロールしていて、《一瞬の瞬き》が墓地にある状態のとき。此方2体でアタック、戦闘フェイズ終了後のメインフェイズ2でフラッシュバックで瞬きをプレイすると、2体ともアンタップできるため良いと感じました。
ただ、《妖精の先触れ》がいない事でなかなか《霧縛りの徒党》がひけないということがありました。。それまでの間に、《ルーンのほつれ》が何枚かきて2対くらいはカウンターできた。そのアドバンテージを得た後《ファイレクシアの鉄足》が数対きたので何とかしのげるかなとは思いました。
結論、《やっかい児》は採用します。3OR4枚
《妖精の先触れ》は、無くても大丈夫かな。。という程度なのでまだ検討してみます。サイドに入れておくという形になるでしょうか?
《神の怒り》は、メインに投入は考えずにサイドボードにしておきます。
引き続き、診断お願いします。
また、サイドボードにこれを入れたほうがいいなどもどしどしお願いします。
2007/12/31(月) 13:28:25
6 :
John
4さん>自分の目指すデッキは、《霧縛りの徒党》を使い回し相手のロックを継続する事です。ブリンクに近い形でしょうか。そのため、青黒のフェアリーデッキよりは遅い感じになるかと思います。
軽めの生物が必要ですか。確かに、フェアリーが並んでいてないと徒党のロックも効果を発揮しませんね。
やはり、課題は序盤ですね。序盤に勝負を決めたいという訳でもないのですが、長引くと不利になりそうな気はします。展開のはやいデッキは好成績を収めているように思えますので。その点で、《神の怒り》はサイドかなと思っています。どうしても、対策がたたないときに投入という形になるでしょう。《熟慮》などのドローは必要だと感じています。回してみて打つ暇が無いという訳ではありませんでした。
さて、あげてくれた生物ですが《ウーナの末裔》は効果はいいですが被覆が《一瞬の瞬き》とかみ合わないので見送らせてください。
《やっかい児》は、投入する事に決めました。
《誘惑蒔き》は、1枚さしで入っていますけれどもやはり増やすべきなのでしょうか?効果は強力ですので検討してみます。
このデッキに《ファイレクシアの鉄足》が入っているのは序盤をしのぐ意味があっての投入です。このおかげで、結構しのいでくれているのですが。。ただ、覇権などには一切使えないのでかみ合っていない面もあります。相手のデッキに合わせての投入になるでしょうか?すなわち、サイド行き。
先触れは、抜いた状態で回してみました。無くてもいけるか?といった感じです。いれるにしても、4枚はやめたほうがいい。なるほど、参考にします。
実際に、意見を取り入れた上でまわして見ます。

いろいろとご指摘ありがとうございます。

引き続き、診断お願いします。
2007/12/31(月) 13:47:57
7 :
John
デッキレシピ更新しました。
《妖精の先触れ》は、何度かまわしてみた結果入れない方向でいくことにしました。
《誘惑蒔き》を4枚にしてみたところ、《霧縛りの徒党》がこない状況下でもそれを補ってくれるような働きをしてくれました。
皆さんのご指摘いただいたとおりにしてみると良くなったと思います!感謝しております。
引き続き、サイドボードの件について意見を寄せていただきたいです。また、そのほかの事についてもご指摘お願いします。


2007/12/31(月) 14:26:48
8 :
名も無き者
鉄足、熟慮が要らないと言ったのは一般的なクロックパーミの動きには邪魔になるから。
序盤からクロックを稼ぐデッキじゃないなら別の構成も十分にあるでしょう。

ただ、スレ主の言を見るに、このデッキはフェアリーよりもブリンクの方に重点を置いた方がいいんでないかな?
ブリンクならメタに上がってるデッキともそれなりに戦えるデッキだし、プレイング次第では他のデッキも割りとどうにかなるので悪くないと思うんだが。
フェアリーだと若干スレ主の志す方向性と噛みあってない気がする。
ブリンクなら《熟考漂い》とか裂け目(ryとかも使えるから割と問題点の解決になるんじゃない?

あと、《誘惑撒き》4枚はやりすぎ感がある。
それで回ってるならいいけど、序盤に来ても腐るから2,3枚くらいに抑えていいと思うよ。
フェアリーのままでいくなら《誘惑撒き》2《妖精の先触れ》2で十分いけるんじゃない?
2007/12/31(月) 17:05:06
9 :
8
失礼。
>>8>>4の人です
2007/12/31(月) 17:05:41
10 :
John
8>>鉄足、熟慮に関していったのはそういうことでしたか;失礼しました。。
ブリンクに関しては、自分も興味を持ちはじめていました。いろいろと検索してみて、ブリンクフェアリーなんて言葉も掲示板などではあったのでそういったデッキも有かなと考えていたのですがそうする場合カードが総入れ替えになりそうかと思ってました。
あくまでも、《霧縛りの徒党》を生かしたデッキにしたいというのが本音です。フェアリーデッキを検索してみると、青緑、青黒が主流のようでなかなか青白にめぐり合わせておりません。
ですので、やはりブリンクの要素を加えた形がいいのかなと思いました。そうすると、《 造物の学者、ヴェンセール / Venser, Shaper Savant》《熟考漂い》《 裂け目翼の雲間を泳ぐもの / Riftwing Cloudskate》《エイヴンの裂け目追い / Aven Riftwatcher》などが投入の候補となってくるのでしょうか。。調整が難しそうです。。
いろいろと試行錯誤を重ねます。
引き続き、診断お願いします。

2008/01/01(火) 10:04:21
11 :
名も無き者
ブリンクにおける《一瞬の瞬き》は、除去や戦闘ダメージからクリーチャーを守りつつ、cip能力を再利用できる。というのが強みであって、
相手のアップキープに使わなくては効果が薄い《霧縛りの徒党》の能力とは相性が今ひとつのように感じます。
どうせどれも瞬速で出せるのですから、いっそのこと手札に戻してしまっても大してかわらないはずなので、
アドバンテージの稼げる《使い魔の策略》辺りいかがでしょうか?
相手の全体除去への耐性も上がっていい感じなんじゃないかなと。
これなら《ウーナの末裔》も入れられます。
せっかく白も入っているので《石覆い》なんかも悪くないですね。

土地構成の青マナ率が高いので《謎めいた命令》は是非とも採用したいところ。
相手の地上クリーチャーを止めるのを始めとしてあらゆる場面で役に立ちそうです。
《熟慮》は入りそうにありません。ビートダウンするにしろ、半コントロールの形をとるにしろ、序盤、これを使う暇があるなら軽量フェアリーを並べた方がよっぽど効果的です。

《霧縛りの徒党》のcip能力をなるべく使いまわしたいとのことですが、
それ自身が4/4なので、除去されずきちんと殴れていれば他のアシストが全くなくても5ターンで殴り勝てます。
通常は他のクリーチャーも殴っていますし、打ち消し呪文でのサポートもありますので、《霧縛りの徒党》のcip能力を必要とする回数は多くても3回程度だと思います。
故に、あまりcip再利用にこだわりすぎると、逆に勝利から遠ざかる構成になってしまいますのでご注意を。

ウィニー系デッキはサイドからの対処でいいと思います。
《神の怒り》
《テフェリーの濠》
《霊魂放逐》
辺りが候補でしょうか、《誘惑蒔き》も、1?2枚サイドに移した方が良いように感じます。
2008/01/01(火) 13:41:05
12 :
John
11>>なるほど。とても参考になります。《ウーナの末裔》に関しては、実際にプロキシですが使ってみて使えるなぁと思いました。《石覆い》は、なかなか使えそうですね!これも試してみようと思います。《謎めいた命令》は、良いと以前から思っていたのですが若干重いのと、これを入れるなら何を抜こうかと思って採用を見送っていました。。《ウーナの末裔》をメイン投入に考えているので《熟慮》の枠に2枚ずつ位の比率でしょうか??意見程度に述べてくれるとありがたいです。自分でもプロキシで回してみて検討してみます。

サイドの意見もありがとうございます。この中では、《テフェリーの濠》が自分では良いかなぁと思いました。《神の怒り》だと自分のクリーチャーもやられてしまいますから;;《テフェリーの濠》をサイドに3枚程度でしょうかね?
大会に出ることも考えているのでサイドに打消しを積んでおくというのは良いと思いますが赤や緑のデッキが台頭してきそうなので《瞬間凍結》の投入もありかな?何て考えてます。《霊魂放逐》もいいですけどね。たくさん、ご指摘、アドバイスありがとうございます。
現在の環境下で、主に使われているデッキの対処として入れるべきサイドをどしどし寄せていただきたいです。
引き続き診断お願いします。
2008/01/01(火) 16:11:52
13 :
2
《使い魔の策略》は止めておいた方がいいよー。
白ウニ相手にクリーチャー戻すなんて余裕はないし。
《謎めいた命令》はちょっと重い。打って損はないがまず打てないときが多い。
打てたとしても青がほとんどタップしちゃうしね。

あとは>>11さんの言うとおり誘惑撒きを1,2枚サイドにしてやっかい児を4がオススメかな。
2008/01/02(水) 10:37:22
14 :
名も無き者
《使い魔の策略》《謎めいた命令》はキスキンウィニー相手には刺さらないね。
ただ、キスキンは今はもう大会レベルではめったに見ないから、地域・対人メタでなければ無視していいレベルだと思う。
実際上の2枚は世界選手権に出てたフェアリーデッキでも4枚積まれてるし、それと大して戦略も変わらないこのデッキにも入れて問題ないんじゃないかと。
《一瞬の瞬き》《ルーンのほつれ》辺りがちょっと微妙かな。
2008/01/02(水) 13:04:49
15 :
11
とりあえず書き忘れていた点を1つ。
《雨雲の迷路》と非常に相性のいい《広漠なる変幻地》は入りますね。
《雲のスプライト》以外には1ターン目で動くカードがないので、タップインもそれほど苦にならないはず。

《謎めいた命令》は、プロキシで回していただけると分かると思いますが、
キスキンのような飛行のないウィニーにも非常に有効です。
普段はアドバンテージを損失せずテンポを稼ぎ、
互いにクリーチャーが並べば、フルタップで攻撃しても返しの攻撃を防げるため、ダメージレースで張り合えるようになります。
この土地構成+変幻地ならほとんど打てないケースは来ないはずです。

>《瞬間凍結》
緑系デッキが(一時期ほどではないにしろ)流行っているので、アリだと思います。ただしメインからカウンターは多めなので配分には注意。
『カウンターし損ねたもの・できないもの』への対処に割くスロットを圧迫するとよくないです。
>《神の怒り》
デッキコンセプトとは相反しますが、エルフのような高速デッキ相手にはどうしてもほしい場合があるので候補に入れました。メインで《使い魔の策略》をもし採用すれば、多少使いやすくなるかも。
>《テフェリーの濠》
デッキコンセプトと非常に合致していますが、サイド後ということでエンチャント破壊、特に《クローサの掌握》辺りに注意、過信しないようにしましょう。
2008/01/02(水) 13:30:30
16 :
John
デッキレシピ更新しました。現在、このデッキで回して試行錯誤しています。
返事遅れてすいませんが
13>>《使い魔の策略》は、打消しのタイミングで手札に戻すのでつかい方が難しいそうです。。まだ、試してませんが。。
《謎めいた命令》は、使い勝手がいいです。ただ、やはり重いのが気になります。《誘惑蒔き》は、メインに2枚、《やっかい児》4枚でまわしています?
14>>ウィニー相手に、上記でも上げた《使い魔の策略》《謎めいた命令》はささらないですかぁ。それで、次に述べてくれたのが耳寄りの情報です!キスキンは、最近大会レベルでは見ないとは、、友人と戦ったとき、キスキンを使っていてそのとき勝てなかったのでメタにあげていましたが大会では其処まで意識する事はなさそうですかね?
世界選手権で出てた人が、これらを4積していたのですか;;
《一瞬の瞬き》は、《ウーナの末裔》が出ている場合ではかみ合わないので抜きました。代わりに《石覆い》を試しています。
《ルーンのほつれ》は、自身はなかなかいいように思っているのですけど、《使い魔の策略》を試してみて検討します。

15>>土地に関してですが、回してみてあまり事故を起こしていないので変更する考えは持っていなかったです。。《広漠なる変幻地》を投入すると構成がどうなってくるのでしょうか?それを具体的に述べてくれるとありがたいです。
《謎めいた命令》は、良いですね!使ってみると実感します。
緑系デッキがはやっているのですね。《瞬間凍結》はありですか。確かに、メインにもカウンターが入っているので配分が難しそうです。。
《神の怒り》は、やはりどうしても対処できない場合などには必要になってくるでしょうね。。《使い魔の策略》で破壊したくないのを戻しておいて《神の怒り》をプレイすると良いのかもしれないですね。
《テフェリーの濠》は、プロキシでまわしてみてもよいなぁと思いました。色拘束もあまり気になりませんでした。けれども、これで安心というわけではないんですよね。。エンチャント破壊でやられてしまいますからね。。そういったことも考えると全体除去でいったん場をリセットして体制を整えるという形が良くなるのですかね。。
いろいろ試してみて調整していきます。
引き続きお願いします。


2008/01/02(水) 14:42:51
17 :
メタは自分で読むもの
2008/01/02(水) 17:41:33
18 :
名も無き者
>《広漠なる変幻地》を投入すると構成がどうなってくるのでしょうか?
普通に島と平地を抜いて入れてよいと思います。
1ターン目に平地を出したい状況がないので、変幻地入りなら平地を減らすところですが、既に少ないので島2平地2くらいでしょうか。
ダメージが痛いなら《アダーカー高原》を減らすのもありでしょう。
既に色事故が少ないのであれば、無色土地(ロノムの口や占術の岩床など)を入れる余裕が出てくるかもしれません。
もちろんタップインが煩わしいなら採用しないのもアリです。

私なら
out:冠雪の島 3 冠雪の平地 2 アダーカー高原 1
in:広漠なる変幻地 4 フェアリーの集会場2
辺りになると思います。
2008/01/03(木) 06:37:48
19 :
John
17>> 言われてみると、メタは自分で見出すものですよね。。いろいろと検索してみてメタ特集たるものがあったので参考にしています。ビートダウンには《テフェリーの濠》が有効だとかビートは、コントロールに弱いなどなど。また、自分のようなデッキだとハンデスにも弱いといわれているとも書かれてあったので ハンデス対策に《十二足獣》も考えておこうかなと思っております。
また、最近大会でも上位を占めている ガイル、マネキン相手にはこの手のデッキはどうなのでしょうか?

18>> 土地の構成の具体的な意見ありがとうございます。確かに、回してみて《アダーカー荒原》のダメージが不安なところもありますので掲示してくれた土地でまわしてみます。


(last edited: 2008/01/03(木) 09:31:22) 2008/01/03(木) 09:30:09
20 :
John
18>>述べてくれた土地構成で回してみました。《広漠なる変幻地》は土地のおかげで安定したマナの供給が出来ました。それに、このデッキはライブラリーをシャッフル手段が無いため流れを変える数少ない手段になるのも良いと思いました。
《フェアリーの集会場》は、タップインなのが気になりますね。。しかし、マナが余っている状態でこれがでるとブロッカーとしても活躍できるのか。とも感じました。
タップインで無ければこのクリーチャーが出せるという局面がありましたので、《フェアリーの集会場》での利点を述べてくればありがたいです。
また、《広漠なる変幻地》で土地を墓地に送ることで現環境下であふれている《タルモゴイフ》のパワーアップの手助けになるのではないか?と若干不安要素もあります。
そういった面での助言をくれるとありがたいです。

話はかわり、サイドボードに《ジェイス・ベレレン》の入ったフェアリーデッキを良く見かけます。
ライブラリーアウト目的でしょうが、ライブラリーアウトはコントロールデッキなどに効くのでしょうか?また、ライブラリーアウトをおこなうまでの4ターンがかかりますが其処までするほど有効な手段であるか?意見を寄せてほしいです。

引き続き、診断をお願いします。
2008/01/03(木) 11:46:35
21 :
名も無き者
>《フェアリーの集会場》
《冠雪の島》と比べてのデメリットは、1ターン目に《雲のスプライト》があったとき、3,4枚目に引いた土地がこれだったときなど、展開が一手遅れること、
また、《冠雪の島》が引けなかったときは《雨雲の迷路》から白マナが出ないこと、などです。

メリットは、ミシュラランドの常として《滅び》等で流された後、数点を削れるアタッカーになること、
またフェアリーなのでそれを生かし《ウーナの末裔》で強化できたり、
中盤から終盤にマナが浮いた頃、クリーチャーを一掃されていても《霧縛りの徒党》《石覆い》が出せたり、《呪文づまりのスプライト》の+1点分を稼げたりします。

好みの問題だと思いますので、メリット、デメリットのバランスを考え、採用を検討してください。

>《広漠なる変幻地》で土地を墓地に送ることで《タルモゴイフ》のパワーアップの手助けになる
もちろん、そういう側面はあります。ですので、それよりも自分の色マナの安定供給の方が重要だ、と判断されたら投入してください。
《石覆い》もいるのでそこまで気にすることはないかもしれませんが。

>《ジェイス・ベレレン》
どちらかというとドローサポートの方が主ではないでしょうか。
少し遅いですが3マナ3ドロー、更に守れればそれ以上のアドバンテージを稼いでくれます。
火力を用いないコントロールデッキ相手に有効なサイドボードになりそうです。バウンスに強いのも魅力ですね。
2008/01/03(木) 13:34:27
22 :
John
21>>>《フェアリーの集会場》
《冠雪の島》と比べてのデメリットは、1ターン目に《雲のスプライト》があったとき、3,4枚目に引いた土地がこれだったときなど、展開が一手遅れること、
また、《冠雪の島》が引けなかったときは《雨雲の迷路》から白マナが出ないこと、などです。

確かに、これは良くあります。けれども、土地の色が合わないという事故はほぼ起こらないというのは強みですよね。安定したマナからいい展開が生まれるでしょうから。
また、《フェアリーの集会場》は全体除去に耐性があると取れますね!
《広漠なる変幻地》は良いカードでありますが、これもタップインが気になっています。《タルモゴイフ》のパワーアップに関しては《石覆い》で対処できそうですね。
《ジェイス・ベレレン》使ってみたところ、ドローのサポートがいい恩恵をもらいまし>《ジェイス・ベレレン》
た。
ただ、相手にも引かせてしまうため相手にも有利になる可能性もありますけどね。。
ただ、戦闘ダメージにおいても《ジェイス・ベレレン》にカウンターがたまっていたら此方に対象を移してくるでしょうから防御としても使えそうです。

参考になる意見ありがとうございます。何度もまわして試行錯誤してみたいと思います。




2008/01/03(木) 15:50:47
23 :
John
デッキレシピ更新しました。
土地の構成は、《広漠なる変幻地》からのタップインで遅れを取るのが気になったので基本土地にしました。
《島》を2枚OUTで《フェアリーの集会場》を2枚投入してみました。
サイドボードも15枚考えて見ました。
ビートダウン対策に《テフェリーの濠》《誘惑蒔き》を追加投入、《神の怒り》で場のリセット。
《ジェイス・ベレレン》を使ってみてのドローサポートが良かったのでサイドに入れました。戦線が長引くときなどに投入して、ライブラリーアウトなど脳内では考えています。
《十二足獣》このデッキだと、ハンデスに弱そうなので投入しました。
残りの枠は、《霊魂放逐》を投入。《ルーンのほつれ》での打ち消しこぼしが出るようなときに投入というところでしょうか。

この構成だと、これがまずいんじゃない?など些細な事でもかまわないので指摘してくれるとありがたいです。



2008/01/03(木) 17:09:32
24 :
名も無き者
《霧縛りの徒党》《石覆い》と、他にクリーチャーが出ていなければ出せないクリーチャーが8枚と少し多めですが、
中盤、他が除去しつくされて出せない状態になることはないでしょうか。
生物が20枚弱くらいのデッキだとよくあるのですが、26枚+集会場まであるとそんなに気にならないのかな?
もし、それがあるようでしたら《石覆い》の数を調整しましょう。

あと、安定して決まりはしませんので自信を持って薦められはしませんが《ヴィダルケンの黒幕》《霧縛りの徒党》《やっかい児》の3枚でハーフロック・・・なんてのも面白そうです。
ちなみに《ヴィダルケンの黒幕》は、《忘却の輪》ともかなり強力なシナジーを形成します。
2008/01/04(金) 14:30:50
25 :
John
24>>確かに、《霧縛りの徒党》《石覆い》はそのケースがあることがあります。
自分なりに調整を加えていこうと思います。

《ヴィダルケンの黒幕》ですか?考えもつきませんでした。。プロキシで試してみようと思います。

《忘却の輪》を使いまわせる点もいいですね。


2008/01/04(金) 17:46:19
26 :
John
 デッキに関して試行錯誤しているところですが、大体につまってきました。
24のかたが、《ヴィダルケンの黒幕》を薦めてくれましたが序盤にフェアリーを並べられる事が何度もまわしてみて殆んどであったので《石覆い》をそのまま採用する事にしました。(3マナで3/2の飛行クリーチャーとしても優秀な事もあり)

それで、今考えている事はサイドボードに全体除去を積んでおくべきなのか。ということです。
積まない選択でもいけるのではないか?と考えているのですがこれは危険でしょうか?
《神の怒り》を積まずにカウンターやもしくは《ザルファーの魔道士、テフェリー》《狡知》を出されてしまうと辛いので《占有》を積むべきかな。と考えているのですが其処のところ意見をください。

また、全体除去を積むにしても《質素な命令》の選択もあるのですがマナが《神の怒り》より2マナ重いのですが、除去するクリーチャーを選択できる事もありこのデッキにはあっているのかなと思っているので其処も皆さんの意見を聞かせてください。
2008/01/06(日) 11:08:22
27 :
名も無き者
上にある通りメインメタがキスキンなら《神の怒り》は刺さります。
しかし、クリーチャーが26枚と多いので、この構成では、入れる機会は限られているように感じます。抜いてしまっても問題ないでしょう。

>《ザルファーの魔道士、テフェリー》《狡知》
これらはフェアリー相手にブロッカーとしての機能を果たせません。
無理して殺す必要は無いように感じます。
特に《狡知》などは、相手がこれを出す頃にはもう手遅れになるくらいのプレイングを心がけて行きたいところです。
序盤、瞬速を生かしてなるべくカウンターの網をくぐって行きましょう。
あくまで出てしまったテフェリーを殺したいのであれば《ロノムの口》等を。

>《占有》
青系のコントロールデッキよりこちらの方がマナが伸びている、という事は稀なはずです。
占有は少し重たく感じます。

>《質素な命令》
全体除去を打ちたくなるような相手は自分よりも速いデッキです。
そのようなデッキに対して6マナは重過ぎると思います。
2008/01/06(日) 14:00:12
28 :
名も無き者
青コンを相手にする場合、《ザルファーの魔道士、テフェリー》《狡知》よりも怖いのは相手の《誘惑蒔き》ですね。
カードの取捨よりもプレイングで気をつける必要がありますが、インスタント除去があるとより便利でしょう。

対青コンサイドには《占有》よりも、軽い《拭い捨て》
青単は1ターン遅らされるだけで致命的になる場合が多いですから。
瞬速が多いし《ジェイス・ベレレン》もいますし、青相手には問題なく戦えそうです。
2008/01/06(日) 14:13:59
29 :
名も無き者
28ではないですが追記。

《拭い捨て/Wipe Away(TSP)》はドラストに効きます。
2008/01/06(日) 14:16:14
30 :
John
27,28の方>参考になる意見をありがとうございます。

自分があげた《狡知》などは飛行を持っていないのですね。それだと、無理して除去するなどの方法はしなくても大丈夫。なるほど。
良い展開になるプレイングをするためにも経験が必要ですね。
《ロノムの口》は、土地のため回避されにくい除去ですね。参考にします。
インスタント除去があると便利と上がっていますが、候補としては《外身の交換》《心霊破》などでしょうかね?検討してみようと思います。
《拭い捨て》刹那つきのバウンスがあるとは知りませんでした!なかなか使えそうですね。此方も検討してみようと思います。

皆さん、たくさんの意見を寄せてくれて感謝しています。

これよりは、自分自身での決断でサイドやメインの調整の決定していくのみですので診断をこれにて終了したいと思います。

大会などに参戦してみて、困った事があったら再びお願いする事があるでしょう。その時もよろしくお願いします。
2008/01/06(日) 17:31:29
31 :
名も無き者
大会の結果期待age
2008/01/07(月) 06:39:05
32 :
John
31>大会に出場するのは、2月ごろになるので結果報告は遠い先の話になりますので。。ご容赦を。。まだ、カードがそろっていない事もあるので。。
2008/01/07(月) 08:30:16
33 :
この書き込みは管理者によりマスク処理されました
マスク 2012/07/25(水) 18:51:11
34 :
この書き込みは管理者によりマスク処理されました
マスク 2012/07/29(日) 17:56:08
[1-]

名前 メールアドレス
本文
Wise Word BBS 2.1.1 - 問合せ先 | 利用規約 (2.24 秒)
© 2007-2022 Astral Guild, OWLAIR networks, All rights reserved.