Wisdom GuildMTG wiki ようこそ、名も無き者さん | ログイン
  • 現在、リンクはありません
2020/06/07(日) 08:16:31

【ルールは】MTGルーリング質問スレ21【ここで】...

1 :
名も無き者
MTGのルーリングに関する質問をするスレッドです。

一つ前のスレッドはこちら
http://forum.astral-guild.net/board/21/1613/

◆◆◆お知らせ◆◆◆

■注意書き
アンケートなどはスレ違いです。
戦術やプレイング、デッキ構築など、ルール以外の質問は、別のスレを探してください。>>3
荒らしや敬語のできない人は放置しましょう。イチイチ相手にするあなたも荒らしです。
質問はageろ

■質問する前にまずはここで検索しましょう
mtgwiki(MTGに関する様々な情報)
http://mtgwiki.com/

うまく検索できない場合は、Wisdom Guild上部の検索窓やmtg.saloonの高性能検索エンジンを試してみるとよいかも知れません。
ttp://www.mtg-search.jpn.org/mtgwiki/

■もっと詳しく調べたいなら(他サイト、公式情報へのリンク)
>>2

■ルール以外のことを訊きたい場合(別スレッドへのリンク)
>>3

■質問者へ
状況や疑問点が伝わりやすい文章を心がけましょう。

■回答者へ
答える側は責任もって。曖昧なら答えずに他の人に任せる。
wikiに該当の回答が無ければ付け足してください。

スレ違いは、適切なスレに誘導してください。>>3
ただし、簡単な内容なら、ここで答えてしまっても構いません。

■メモ
カード名は《二重山カッコ》でくくるとwhisperにリンクできます。(カッコ)を変換していくとでます。
総合ルールはCRxxxでリンクできます。CR100.1a

※総合ルールやWhisperへのリンクはしばしば調子の悪い時があります
2019/04/25(木) 17:40:01

601 :
名も無き者
>>600
IPGはガイドなので明確な答えが出ないタイプの質問です。
大会の場合はジャッジに従ってください、という原則のうえでIPG3.4項をお読みください。

https://mjmj.info/data/docs/JPN_IPG_20200417.html
こちら、IPGの日本語訳です。
2020/05/11(月) 11:38:04
602 :
名も無き者
《ドラゴンの息》が墓地にある状態で、《墨溜まりのリバイアサン》を唱えました。
この場合、対象を取っていないので《ドラゴンの息》をリバイアサンにつけて速攻を付与することはできるという認識で合ってますか?
2020/05/12(火) 11:26:23
603 :
名も無き者
>>602
はい、合っています。
リバイアサンが戦場に出たときにドラゴンの息が誘発、そのままリバイアサンに付けることが出来ます。

2020/05/12(火) 11:41:17
604 :
名も無き者
>>603
ありがとうございます。
2020/05/12(火) 11:46:59
605 :
名も無き者
初歩的な質問ですみません。

《クローン》には特に「戦場にある間」ような期限が書かれていないのに墓地に置かれるとコピーでなくなるのはなぜですか?
2020/05/16(土) 20:25:56
606 :
名も無き者
>>605
呪文や能力がカード名でオブジェクトを表現している場合、戦場に出ているそのオブジェクトのことを意味する、というルールがあるからです。
総合ルールの109.2. https://mtg-jp.com/gameplay/rules/docs/0006836/#r604.3

このルールにより、《クローン》のテキストに書かれた"クローン"とは「戦場に出ている」クローン自身のことですので、墓地に置かれるとコピーでなくなります。
2020/05/16(土) 22:02:51
607 :
名も無き者
CR611.3bの方が適切かと
基本的にパーマネントの常在型能力による継続的効果はそれが戦場にある時のみ働きます
2020/05/17(日) 02:07:31
608 :
607
パーマネントの常在型能力じゃないですねすみません
2020/05/17(日) 02:09:41
609 :
名も無き者
>>606-608
違いますよ…

>>605
オブジェクト(戦場のパーマネントとか、スタック上の呪文とか、墓地のカードとか)が領域を移動すると、移動前のものに掛かっていた効果などは移動後のものを「追いかけません」。
ルール的にはCR400.7です。例もなくて味気ない記載ですが…。

例えば、あるクリーチャーに《巨大化》を使用して、それにさらに《運命のちらつき》を使用した場合、戻ってきたクリーチャーは+3/+3の修整を受けていません(もちろん、一瞬追放されているその間も受けていません)。
2020/05/17(日) 02:37:02
610 :
606
>>609の方の回答に対して、追加で質問をさせて下さい。

CR400.7《クローン》《巨大化》の効果が領域を移動すると「追いかけない」ことへの説明として十分なのですか?

CR400.7の「ある領域から他の領域に移動したオブジェクトは、以前の状態の記憶を失い、以前の状態と関係のない新しいオブジェクトになる。」という一文では"以前の状態"や"記憶"の意味が分からないと考え、CR109.2を根拠に「オブジェクト」というルール単語そのものに(今回のクローンのようなパーマネントの例では)「戦場に出ている」間のそれ自身だけを指すという意味が含まれているからだと考えたのですが、違うのでしょうか?
2020/05/17(日) 08:16:43
611 :
609
>>610
CR400.7については、「理解せよ」としか言えないんですが…
根本的なルールですので、理解を助ける例示が欲しい気はしますね。

>以前の状態
《クローン》のカード(オブジェクト)」が何かをコピーした状態で「戦場(ある領域)」にいたとして、それが「墓地(他の領域)」に移動したら、「戦場で何をコピーしていたか(以前の状態)」と関係がなくなり、「カードに書かれたままのまっさらな《クローン》(新しいオブジェクト)」になります。

>記憶
「以前の状態」とか「記憶」が何であるかは、ルール内には定義されていません。
ルールは、基本寄りのものほど「普通の文章」で書かれています。
用語がルール上の特別な意味を持つかどうかを調べるには、総合ルール内や用語集に検索を掛けるのがよいでしょう。


CR109.2
ここには「カード・タイプやサブタイプを用いてオブジェクトを表現している場合」とありますよね。
「オブジェクト」という用語は、カード・タイプでもサブタイプでもありません。
2020/05/17(日) 13:12:30
612 :
606
>>611
詳しい回答ありがとうございます。
よく分かりました。

CR109.2に関しては、CR201.4により、文章中にカード名でオブジェクトが参照されている場合、そのカード名は「このオブジェクト」を意味するので、《クローン》の能力文章中の"クローン"に関しては、「クローン」=「このオブジェクト」=「このクリーチャー」(カード・タイプ)と読み替えられると解釈した次第です。

>>605
すみません。>>606は回答として良くありません。
質問への分かりやすい回答は>>611です。
2020/05/17(日) 16:31:31
613 :
605
皆様、いろいろと教えていただきありがとうございました。
同じカードで表されていても領域を移動すると別のオブジェクトになる、という説明で理解できました。
2020/05/18(月) 13:01:10
614 :
名も無き者
すみません謙虚ある状態だと
授与と変容の能力はどうなるんでしょうか?

2020/05/22(金) 01:21:31
615 :
名も無き者
>>614
継続的効果の相互作用をよく読んでください。

授与能力は4種+6種です。
《謙虚》は4種+6種+7種です。
合同パーマネント(変容能力)は613.2a により、第1a種です。

《謙虚》は授与に依存しているので、授与がかならず先に適用されます。よって、それは授与されているオーラです。

合同パーマネントは、1a種であることからそれがクリーチャーであるなら常に《謙虚》があとに適用されます。

2020/05/22(金) 09:18:39
616 :
名も無き者
>>614
まず前提として《謙虚》は戦場にいるクリーチャーにのみ影響をあたえます。手札にあるクリーチャー・カードの能力やクリーチャー呪文を唱えたりすることには干渉しません。

授与で唱えた場合はオーラとして唱えられ戦場に出ます。それはクリーチャーに戻るまで《謙虚》の影響を受けません。

変容で唱えた場合、変容したクリーチャーは能力を持たない1/1になります。変容による新たな能力を持つこともなく、変容によって誘発する能力は誘発しません。
また、変容呪文を解決する際に上に置くか下に置くか選ぶのは変わりません。
2020/05/22(金) 09:29:58
617 :
名も無き者
ひとり
2020/05/22(金) 18:26:00
618 :
名も無き者
615さん626さんご回答感謝します
2020/05/22(金) 21:16:03
619 :
名も無き者
《聖なる場》
「戦場に戻す」とありますが、どのプレイヤーのコントロール下で戦場に戻りますか?
戦場にあった時の土地のコントローラーでしょうか、オーナーでしょうか
2020/05/27(水) 18:50:50
620 :
名も無き者
>>619
主語がない場合、その動作は、呪文や能力のコントローラーが行います。CR608.2cかな…
そして、パーマネントは、特に指定がなければ、それを出したプレイヤーがコントロールします。CR110.2a

ですので、通常は《聖なる場》のコントローラー、誘発条件的にその土地のオーナー、のコントロール下で戦場に戻ります。
2020/05/27(水) 19:32:11
621 :
名も無き者
ありがとうございます。
こういうことにもルールが決められているんですね
2020/05/27(水) 20:14:15
622 :
名も無き者
まだまだ初心者ですので常識的な質問でしたらすいません…

1:あるカードの処理中に別のカードを唱えることは可能ですか?
例:思案を唱え、デッキトップ3枚を並び替えた後(またはライブラリーカット後)
「カードを1枚引く」という効果の前に「相殺」を起動、
または対戦相手からデッキトップを墓地に送るカードを使われる


2:対象を確定した後に、その対象が破壊された場合、対象の変更は可能ですか?
例A:「オゾリス」に置かれているカウンターを移動する対象クリーチャーを
スタックで破壊された場合、
対象不成立でそのカウンターは無くなる?

例B:「波乱の悪魔」で1点のダメージを与える為に対象にしたクリーチャーが
スタックで生け贄にされ、対象不成立で1点ダメージは無効?

例C:「ショック」で対象にしたクリーチャーが
スタックで生け贄にされ、対象不成立で無効?


先日、アリーナのプレイ動画を見ていた際に
「波乱の悪魔」で、1点ダメージを与える対象にしたクリーチャーを
対戦相手が生け贄に捧げたにも関わらず
その後、1点ダメージを与える対象を
相手プレイヤーに変更していました。
その動画を見て、自分の理解が間違っている?と疑問に思い質問させて頂きました。
(見間違え、勘違いでしたらすいません)

よろしくお願いします。
2020/05/28(木) 11:25:58
623 :
名も無き者
>>622
1:まず、呪文を「唱える」のと、「解決する」のは別の行動です。

呪文の解決中にほかの呪文を唱えることは、普通はできません。
呪文を唱えるには「優先権」が必要ですが、呪文の解決中に優先権はないからです。

特定のカード(《出現の根本原理》とか)で、呪文の解決中に他の呪文を唱えることを許可するものがありますが、
それも唱えてスタックに置くところまでで、解決まではしません。

2:できません。
2-A:対象が不適切になった場合は、能力全体が打ち消されて何も起こらなくなります。カウンターを移動することもしません。
蛇足ですが、《オゾリス》のカウンターの移動は「移動してもよい」なので、解決時に都合が悪ければ移動しないこともできます。※質問の場合は、上記のとおり能力が打ち消されます。

2-B:お考えのとおりです。

2-C:お考えのとおりです。

アリーナの動画についてはその場面を見ていないのでコメントを控えます。
2020/05/28(木) 12:25:49
624 :
名も無き者
>>622 →動画の話
動画を見ていないので「おそらく」になりますが、
クリーチャーを生け贄にされたことで新しく《波乱の悪魔》の誘発が起こっただけではないかと思います。

1. 《波乱の悪魔》の誘発、クリーチャーAへの1点ダメージがスタックに積まれる
2. 1の解決前に対戦相手がクリーチャーAを生け贄に捧げた
3. 生け贄があったので《波乱の悪魔》の能力がさらに誘発。対戦相手への1点ダメージがスタックに積まれる
4. スタックの上から順に3を解決、対戦相手に1点ダメージ
5. スタックの上から順に1を解決、すでに対象がいないので立ち消え

※「おそらくこの状況だろう」という前提での回答なので、この回答は間違っている可能性があることに注意してください。
2020/05/28(木) 13:27:51
625 :
名も無き者
大変すっきりしました!!
大変わかりやすく助かりました。
有難う御座いました!

オゾリスについても、解決時に移動しない、に変更できることは知りませんでした!
本当にありがとうございます!
2020/05/28(木) 14:20:23
626 :
名も無き者
波乱の悪魔の話、まさにおっしゃる通りの状況だったと記憶しています!
対戦相手の生贄にも誘発するということを失念していました。
お二方とも、ありがとうございました!!
2020/05/28(木) 14:21:58
627 :
名も無き者
はじめまして
分からないことがあるので質問させていただきます

マイコシンスのゴーレムを湖に潜む者エムリーの効果で墓地から唱える場合、手札から唱える場合と同様に親和(アーティファクト)は適用されるのでしょうか?

また場に天空の刃セファラと他の飛行クリーチャーが存在するときに神の怒り等の全体除去を受けた時の処理を教えてください

お願いします
2020/06/01(月) 15:03:24
628 :
名も無き者
>マイコシンスのゴーレムを湖に潜む者エムリーの効果で墓地から唱える場合、手札から唱える場合と同様に親和(アーティファクト)は適用されるのでしょうか?
はい。《マイコシンスのゴーレム》に限らず、キーワード能力の親和を持つカードは、手札以外から唱える際にも唱えるために必要なマナを減らします。

>場に天空の刃セファラと他の飛行クリーチャーが存在するときに神の怒り等の全体除去を受けた時の処理を教えてください
《天空の刃、セファラ》と飛行を持つクリーチャーを同時にコントロールしている状態で《神の怒り》が解決されたのなら、セファラのみが破壊されます。
ただし《ハリケーン》X=7などで致死ダメージを受けた破壊の場合は、セファラが死亡した後で、破壊不能を失うことで結局他の飛行クリーチャーも状況起因処理により破壊されます。
2020/06/01(月) 17:28:56
629 :
627
>>628
大変わかりやすく解説していただき助かります
お陰様で理解できました

ありがとうございました

2020/06/01(月) 17:52:32
630 :
名も無き者
戦場に自身のコントロールする《想起の拠点》《魂の裏切りの夜》があり、自身の墓地に《ネズミの群棲》が20枚ある状態で

《不死の隷従》をX=2で唱え《ネズミの群棲》をすべて戦場に戻した場合

《魂の裏切りの夜》のマイナス修正が《ネズミの群棲》に入りネズミが死亡、《想起の拠点》の効果により対戦相手のライフロス/自身のライフゲインが発生、を20回繰り返すという挙動で正しいでしょうか。

よろしくお願いします。
2020/06/02(火) 21:58:13
631 :
名も無き者
>>630
「繰り返す」という表現が気になったので細かく書くと、

《不死の隷従》を解決し、《ネズミの群棲》が20体同時に戦場に戻る。それらは、自身の能力と《魂の裏切りの夜》からの修整を受け、20/0である。
《不死の隷従》の解決を終了し、状況起因処理を行う。タフネスが0である《ネズミの群棲》は20体は、全員同時に死亡する。《想起の拠点》の能力が20回誘発する。
・優先権のやり取りをしながら、《想起の拠点》の能力20個を、1つずつ解決していく。

という手順になります。
2020/06/02(火) 22:46:12
632 :
名も無き者
>>631

死亡は全員同時で20回誘発から1つずつの解決になるのですね。

わかりやすい回答ありがとうございました。
2020/06/02(火) 23:16:05
[1-] [101-] [201-] [301-] [401-] [501-] [601-]

名前 メールアドレス
本文
Wise Word BBS 2.1.1 - 問合せ先 | 利用規約 (1.08 秒)
© 2007-2020 Astral Guild, OWLAIR networks, All rights reserved.