Wisdom GuildMTG wiki ようこそ、名も無き者さん | ログイン
  • 現在、リンクはありません
2020/07/14(火) 15:25:44

対応申請

以下のフォームより、対応を申請することができます。

対象
http://forum.astral-guild.net/board/21/1631/675/
大昔のデッキの挙動と当時のルールについて疑問点が湧いたので質問させてください。

かつてルール上存在した「ターンの間」に根の壁を無限回起動して無限マナを出して勝ったという「フェイズ・ゼロ」についてなのですが、
1. なぜ根の壁を無限回起動できたのか(5回起動した段階で状況起因処理で墓地に送られると思うので)
2. アンタップフェイズ時のマナバーンでマナを失うため「停滞」を用いたという話だが、そもそもマナを出した「ターンの間」中に天才のひらめきを撃ってしまって勝てばいいのになぜそうしなかったのか

以上2点、昔のルールに詳しい方がいらっしゃったら回答いただけると助かります。
種別
説明が表示されます
追記事項
左の画像に表示されている4桁の英数字を入力してください。
Wise Word BBS 2.1.1 - 問合せ先 | 利用規約 (6.586 ミリ秒)
© 2007-2020 Astral Guild, OWLAIR networks, All rights reserved.