Wisdom GuildMTG wiki ようこそ、名も無き者さん | ログイン
  • 現在、リンクはありません
2024/05/19(日) 03:59:59

【スタンダード】黒単ミミックコントロール (診断終了)...

1 :
kusanagi
診断をよろしくお願いします。

3:《強迫/Duress》
3:《ぬかるみの代価/Mire's Toll》
4:《血の署名/Sign in Blood》
4:《破滅の刃/Doom Blade》
4:《漸増爆弾/Ratchet Bomb》
1:《リリアナ・ヴェス/Liliana Vess》
1:《ソリン・マルコフ/Sorin Markov》
2:《永遠溢れの杯/Everflowing Chalice》
3:《ミミックの大桶/Mimic Vat》
3:《リリアナの死霊/Liliana's Specter》
3:《皮裂き/Skinrender》
2:《ワームとぐろエンジン/Wurmcoil Engine》
2:《墓所のタイタン/Grave Titan》
2:《全ては塵/All Is Dust》

21:《沼/Swamp》
2:《地盤の際/Tectonic Edge》

サイドボード
3:《吸血鬼の呪詛術士/Vampire Hexmage》
1:《ソリン・マルコフ/Sorin Markov》
1:《リリアナ・ヴェス/Liliana Vess》
3:《弱者の消耗/Consume the Meek》
3:《記憶殺し/Memoricide》
・・・長すぎるので省略されました。全文を読むにはこちら
(last edited: 2010/11/18(木) 22:56:24) 2010/11/16(火) 23:10:55

2 :
名も無き者
診断よりむしろフリートークの黒コンで相談した方がいいかも
2010/11/17(水) 00:05:46
3 :
名も無き者
自分も黒コン使ってるので少し書いてみる。

《ぬかるみの代価》3枚は前半引くと残念な感じになるので2枚に押さえて《コジレックの審問》を1枚追加してみては?
(自分はメイン《強迫》4・《ぬかるみの代価》2。サイド《コジレックの審問》4)

後、いくら《永遠溢れの杯》があるからって重いスペルが多すぎな気がする。フィニッシャーをメタに合わせて出て仕事する《墓所のタイタン》にしてサイドに《ワームとぐろエンジン》落とすとか、《全ては塵》1枚にするとか。

メタがヴァラクートと青白PWコンなのにメイン《皮裂き》3枚は多くない?柔軟性を考えて《吸血鬼の呪詛術士》を数枚投入してみましょう。現状の青白PWコンメタならサイドに《黒騎士》は欲しいかも。
除去は《審判の日》、バウンスくらいしか対処出来ないし。

《サディストの聖餐》もかなり効果的。ヴァラクート直接追放できるし。直接盤上になにか出来る訳じゃないから、やっぱりメインじゃなくてサイドかな?

その辺まとめるとこんな感じ?

?メイン?
out(7枚)
《ぬかるみの代価》
《漸増爆弾》
《皮裂き》
《全ては塵》
《ワームとぐろエンジン》

in(7枚)
《コジレックの審問》
・・・長すぎるので省略されました。全文を読むにはこちら
2010/11/17(水) 11:42:18
4 :
名も無き者
土地は24でいいと思う。それか25。23は少ない。
2010/11/17(水) 17:19:10
5 :
名も無き者
チャリスある黒単なら平気だと思うよ?

主だってその辺に触れてないし多分そこまで土地に困ってないんじゃないかな?
2010/11/17(水) 18:01:39
6 :
memoon
ミミックとの相性を考慮しての《皮裂き》なのでしょうがヴァラクート、青白PWコンを第1メタに置くのならばこの枠にサイドの《吸血鬼の呪詛術士》を入れてみては?
こいつが立っているだけで青白コンはPWを非常に出しずらくなりますし、ヴァラクートに対しても《カルニの心臓の探検》のカウンターを減らしたりなど色々悪さができます。

ウィニー系(白単?)にもある程度対応したいとのことですが、上の方も挙げられている《黒騎士》はオススメです。
青白コンに投入すればこいつ一枚に《審判の日》を打たせることも可能です。
(last edited: 2010/11/17(水) 18:48:59) 2010/11/17(水) 18:48:45
7 :
名も無き者
>>2
私もそのほうがいいかなと思いましたが、黒コン使い以外の
意見を聞いてみたいと思ったので、こちらに投稿しました。

>>3
ハンデスを散らすというのと重過ぎるというのは盲点でした。
固定概念に凝り固まっていたようです。聞いてみてよかったです。
《消耗の蒸気》《ジュワー島のスフインクス》やマスティコア、
同色のファッティなど、除去しきれないクリーチャー用に入れていました。が、入れるかどうかを再検討して見ます。
あと、《黒騎士》はいいようですね。メイン、サイドも含め
採用できるように考えて見ます。

>>4
5さんが言っておられるように、土地に困ったことはありません。
圧縮を目的にフェッチは入れるのを考えましたが、ライフゲイン
が少ないため、やめています。

>>6
《皮裂き》には対ウィニーの除去と壁を期待して投入しました。
が、自身としては苦肉の策です。たしかに《吸血鬼の呪詛術士》
なら、青白コン、ヴァラクート対策のみならず、
同サイズには負けにくいので、ウィニーに対する壁にもなれそうです。
枠を考えて見ます。

やはり、一人で考えるのは限界がありますね。
他にも細かいことでいいので何かありましたら、お願いします。
2010/11/17(水) 23:40:24
8 :
kusanagi
すいません。ログインを忘れていました。
7は私です。
2010/11/17(水) 23:42:12
9 :
名も無き者
黒単ミミッコン使ってるので書いてみます 参考にでもしてください

>《地盤の際》《永遠溢れの杯》を採用しているため、
>《堕落》《精神へドロ》は採用していません。

とありますが、《堕落》はともかく《精神へドロ》《永遠溢れの杯》はむしろ相性が良いです。杯を噛ませることにより4Tにヘドロが打てる事は大きいです。4枚では威力的に物足りないと思われるかもしれませんが、メタに挙げられている青白のようなコントロールデッキにはまずマストカウンターな上、一度ヘドロを見せれば警戒してくれます。ただ所感として4枚積むと腐る傾向にあるので、3枚程度がよいかと思います。ヴァラやウィニーの場合は余り効果的ではありませんが、一度入れて回してみることをお勧めします。《堕落》は、《ミミックの大桶》を維持できるのであれば《ワームとぐろエンジン》のほうが丸い場面が多いです。

《皮裂き》は上の方も指摘しているように、刺さる場面がそこまで無いように思います。ボロスやゴブナイト、エルフビートのようなウィニーには《見栄え損ない》《闇の掌握》のような軽量除去がよく効きます。

《漸増爆弾》も良カードですが、爆弾でカバーできる範囲で(このデッキ的に)壊したいものが《光輝王の昇天》《ワームとぐろエンジン》《ゼンディカーの報復者》のトークン、ウィニーの1・2マナ圏クリーチャーぐらいではないでしょうか? もしそれ以外に対策したいパーマネントを想定しているなら別ですが、上記のような物でしたら《吸血鬼の呪詛術士》や各種除去で対応できるので、入れる意義はそこまででもない様に見受けられます。
2010/11/18(木) 00:24:21
10 :
名も無き者
極端な言い方をするなら、精神ヘドロを入れないなら二色にしたほうがいい。黒単にする理由はあまり無い。
サイドでも入れたほうがいいと思う。

2010/11/18(木) 01:56:50
11 :
名も無き者
黒コンなら《吸血鬼の夜鷲》を採用しない手はないと思います。
接死、伴魂もちなので。
《皮裂き》自身はウィニー相手だと出す前にかなりライフ削られますよ。ボロスだと4ターン(永遠出せれば3ターン)までにどうなることか。。。


《全ては塵》は何をするために入ってるんでしょうか?
これを出さなければならないような状況になる時点で黒コンのデッキ構成としてはかなりOUTだと思います。
《深遠の迫害者》が入ってて最終的に除去るために入れてるならわかりますが。


2010/11/18(木) 06:55:55
12 :
kusanagi
>>9
《精神へドロ》最初は入れていましたが、枠の関係で、《ぬかるみの代価》と天秤にかけて、落としました。が、やはり黒コンの代名詞のようなカード。入れて置いて損はないようですね。
《皮裂き》評判がやはりよくないです。はずしたほうがよさそうで。
《漸増爆弾》をはずすというのは、まったく考えていませんでした。
完全に盲点です。いわれれば、その枠に他のカードを入れたほうが、
いい仕事をしてくれるかもしれません。

>>10
そうですね。単色のメリットを生かさないてはないですね。
《精神へドロ》真剣に考えて見ます。

>>11
《吸血鬼の夜鷲》はたしかに優秀なカードだと思います。
ガ、だんだん枠が厳しく。いてくれれば、相手の足も止まり、
心強いと思うのですが。考えて見ます。
《全ては塵》はリセットとして入れています。
きれいになったところで、フィニッシャーを出せば一気に
押し切れますし、またミミックが残るので、一方的に殴る
ことができるのでは?と思っています。

皆さんありがとうございました。
とても参考になりました。
以上を参考に組みなおしてみます。
これにて、デッキ診断を終わらせてもらいます。
お世話になりました。
2010/11/18(木) 22:55:42
13 :
名も無き者
1マナの手札破壊って昔は《強迫》しかなかったけど、
今はウイニークリーチャーを落とせる《コジレックの審問》と、
中盤以降は何でも落とせる《ぬかるみの代価》が使いやすくて、
自分としては強迫より優先して使っている。

>>3
代価は激安コストの《強要》のような位置付けで、
1マナだからと言ってキャストを急ぐ必要はなく、
ここぞというところで使いたいし、
複数来るのも大歓迎だけどなあ。
強迫や審問は第一ターンから使うけど、
代価はじっくり相手の最重要牌を落とすということで
使用目的がちょっと違うかなと。

《精神ヘドロ》は俺も入れた方がいいと思う。とにかく強い。
相手の手札を全部落とせれば3枚でも充分価値がある。
5マナだからって無理に5枚落としを狙わなくてもいいでしょ。
それまでに相手も手札使っちゃって5枚残ってない場合も多い。

《皮裂き》はちょっと遅いけどウイニー相手に間に合えば
1体除去して1体止められるから制圧力は高いと思うし、
使用する前提で間に合うように工夫することを考えてもいいと思う。
早く出せるのも大事だが、それまで粘るという視点で
皮裂き以外の軽量除去を増やして皮裂きまでつなぐようにすることでも
存在感を発揮できると思う。
《燻し》のような直接除去の他に、《コジレックの審問》も有効。
こういうカードを増やせば皮裂きまで間に合うようになると思う。
これをミミックに刻印できれば完封だってできるでしょう。
2010/11/18(木) 23:52:18
14 :
13
ああ文章考えている間に締め切っちゃったね
失礼しました。
2010/11/18(木) 23:56:41
15 :
この書き込みは管理者によりマスク処理されました
マスク 2011/01/09(日) 00:49:14
[1-]

名前 メールアドレス
本文
Wise Word BBS 2.1.1 - 問合せ先 | 利用規約 (1.19 秒)
© 2007-2024 Astral Guild, OWLAIR networks, All rights reserved.