Wisdom GuildMTG wiki ようこそ、名も無き者さん | ログイン
  • 現在、リンクはありません
2024/04/13(土) 14:44:09

【カジュアル】白ウィニー診断お願いします 再投稿2...

1 :
ogachi
内容を少し変えてみました。

クリーチャー 23
《模範の騎士》
《ミラディンの十字軍》
《闘争の学び手》
《白騎士》
《レオニンの空狩人》
《メドウグレインの騎士》
《幽体の乗り手》
《悪斬の天使》

呪文 15
《清浄の名誉》
《太陽の槍》
《囁き絹の外套》
《解呪》
《精霊への挑戦》
《黄金のたてがみのアジャニ》

土地 22
《平地》20
《隔離されたステップ》


数が中途半端なのは用意する事ができなくて、とりあえず入れてみたって感じです。
白ウィニーと題名はなってますが、模範の騎士の能力を生かしたくて悪斬以外全て騎士で固めてみようかと思うようになりました。

自分としては《護衛のゴーマゾア》は果てしなく鬱陶しいので、単純な考えですが《太陽の槍》を入れてみました。
《刺し込む光》の方がインスタントだからいいかなとも思いましたが、
3マナクリーチャーが8体もいるので他の呪文は出来るだけマナを使わないほうがいいかなと思い太陽の槍にしました。

《存在の破棄》から《解呪》に変えたのは、追放しなくても相手は墓地のカードを再利用する手段を持っていないので、
ソーサリーではなくインスタントで破壊してもいいんじゃないかなと。

《囁き絹の外套》は、《ミラディンの十字軍》《メドウグレインの騎士》につけてもいいし、
《模範の騎士》につけて被覆で守ってもらおうかと。
《洗い流し》には意味ないですが…。

《隔離されたステップ》は、提案してもらった《枯渇地帯》よりサイクリングコストが少ないので入れてみました。


色々提案してもらったカードを探しつつ、とりあえずこの内容でしばらく遊んでみようと思います。

土地を20→22にするだけで回転率が想像以上に上がりました。
まだまだこのゲームを理解できてないんだなと改めて思ったくらいです。
(last edited: 2012/04/10(火) 22:35:14) 2012/04/08(日) 15:56:20

3 :
追記。
たぶん実感がないと思うので、おせっかいかと思いますが、少しコメント。

3マナって軽いでしょ、と思っていませんか?
実は3マナはウィニーにとって限界点に近い重さなのです。
なぜかというと、『同時展開』が出来ないからです。

たとえば、
1マナ生物を2体同時展開するには2マナ。
2マナ生物なら4マナ。
3マナ生物なら、なんと6マナかかるのです。

そんな特殊なケースを言われても、と思うかもしれませんが、これはけっこう重要です。

なぜなら、速攻デッキは5、6ターンまでに大勢を決定付けなければなりません。

で、5ターンを分岐とすると、3マナ生物を唱えるタイミングは、じつに3回しかないのです。

このあたり、頭に置いて構築すると、速攻デッキがうまく作れます。


幸い、白は安くて強いウィニーがたくさんいます。
トーナメントで活躍していないものでも、使えるものがたくさんあります。
探してみてください。
2012/04/08(日) 17:33:33
[1-]

名前 メールアドレス
本文
Wise Word BBS 2.1.1 - 問合せ先 | 利用規約 (0.76 秒)
© 2007-2024 Astral Guild, OWLAIR networks, All rights reserved.