Wisdom GuildMTG wiki ようこそ、名も無き者さん | ログイン
  • 現在、リンクはありません
2019/09/22(日) 07:25:35

Hunter horse さんの情報

画像なし ユーザー名 (ID) Hunter horse (yamisis)
権限レベル
メールアドレス 非公開設定
登録日時 2007/11/21(水) 11:22:27
最終ログイン 2019/09/17(火) 09:37:54
自己紹介
+

(気づいた人だけ見てください)

オリカスレでPickerをさせてもらっています Hunter horse です。
このスペースにはPickのことについて書いていきます。

+

1. お題について
お題は2回に1回程度はリクエストから出していくつもりです。
4回に1回程度は少し難易度の高いものを出していくつもりです。
周期ではなくあくまでも頻度です。
リクエストは多いときもあれば全くないときもあるようなので
過去のリクエストを拾いながら頻度調整をします。

2. Pick基準について
お題とスレルールの両方を満たしているすべての投稿に対して
一定の採点項目に沿って加点と減点で採点しています。
項目については秘密とさせていただきます。

3. Pick数について
全投稿数に対し7~10投稿につき1投稿程度をPick数とさせていただきます。
この数は状況により加減します。
Pickの中で最高得点の投稿を大賞とします。

4. その他
ご不明な点は増刊号でお問い合わせください。

+

裏Pickのコーナー

6/23~6/30【自己再生能力を持つクリーチャー】

個人的に《復讐蔦》や《墓所這い》、《ゲラルフの伝書使》など
この類のクリーチャーはかなり好みです。
クリーチャーと除去の相互作用がカードごとの組み合わせによって全く異なることは
MTGの最大の面白みの1つですね。

[めちゃ好み賞]
>>225 様 《不死の捕食者》
4/3速攻の強力なボディ。実質的な挙動としては墓地からノーコストで戻ってくる強化オーラのようなカードであり、些か強すぎると思います。しかしFT通りの「死体のふり」「獲物を待っている」という動作の表現度の高さが凄まじい点、また単純に強くシナジーも多いので使って楽しいカードになりそうだという点については素晴らしいです。

+

7/8~7/14【基本セットの象徴的クリーチャー】

リクエスト「基本セットのカード」を要望通り改変。
最初は「基本セットのドラゴン」にしようかと考えていましたが
少し狭すぎるかと思い直し、ドラゴンを含む象徴的クリーチャーに直前で変更。
ドラゴンは11投稿で最多人気でしたが、次点のハイドラも10投稿と迫る勢いでした。

[デザイン拡張賞]
>>357 様 《追い詰めるデモゴルゴン》
飛行を持たない新しい形態のデーモン。MTGにまだ登場したことがない想像上の怪物でいくつかの作品では人形の醜悪な怪物として描かれます。天使は中型のものも多く、ドラゴンは幼体という形で小型のものもいるなど拡張性がありますが、これらに対してデーモンも地上形態が存在するという拡張性があるというのは非常に良いな、と思いました。

+

7/22~7/28【有色の機体】

実はリクエスト「有色のアーティファクト」をこっそり参考にしています。
公式に3枚しか存在しない未開領域で参考にできる資料が少ないことや
色付きの人工物でかつ乗り物とモチーフが限定的になることから、難しいお題だったと思われます。
私自身はお題を出しておいて自分では全然思いつきませんでした。

[ルール拡張賞]
>>435 様 《古樹の破城槌、ブローダム》
「ツリーフォークによる搭乗」という搭乗の変種です。パワー0でも登場できる新能力とツリーフォークというパワー0であるものもいる種族の重なりへの着目は見事でした。しかし条件付きで5/5というスペックは少し物足りなく、破城槌とツリーフォークのイメージもぴったりとまではいかなかったです。

+

8/5~8/11【カード・アドバンテージを失うソーサリー】

過去に私が出したお題に【閾値1の能力を持つカード】というのがありました。
今までに意識したことがないであろう概念を意識させよう、という試みの第2段です。
投稿数があまり多くなかったのでお題の魅力という点ではイマイチだったかもしれません。

[カラーパイ拡張賞]
>>532 様 《無遠慮な押し売り》
《寄付》は近年赤の役割に移りました。計算高い青よりも感情的でいたずら好きな赤の方が相応しいでしょう。さて、黒にも同様の効果がやってきました。このカードは黒らしいか? 答えはYESです。黒は実利を重視し、単なるプレゼントはしません。ライフを失わせるという確固たる目的意識に黒らしさが感じられます。点数で見たマナ・コストをライフ換算するのも黒がよくやる手法です。過去には《潜伏工作員》が存在したように、黒にはコントロールの押し売りをした実績もあり、このカードも同様にライフを攻めます。総じて黒らしく、他色の役割を拝借するに足る説得力を感じました。

+
Wise Word BBS 2.1.1 - 問合せ先 | 利用規約 (6.087 ミリ秒)
© 2007-2019 Astral Guild, OWLAIR networks, All rights reserved.