Wisdom GuildMTG wiki ようこそ、名も無き者さん | ログイン
  • 現在、リンクはありません
2024/06/22(土) 00:01:24

対応申請

以下のフォームより、対応を申請することができます。

対象
http://forum.astral-guild.net/board/21/2120/761/
優秀賞
>>722様 《エラントとジャクシス》
カペナ次元より、エラントとジャクシス。呪文をコピーするという共通点からかなりシンプルな組み合わせではありますが、どちらも単色であり、エラントに至っては陣営の透かしを持たないキャラクター(イラストから察するに恐らく貴顕廊ですが)。意外性のある組み合わせと言えますね。テキストもそれぞれのできることを簡潔に表したシンプルで明快なカードであり、ジャクシスの作り出した幻影をエラントがスプレーで飾り立てているようなイラストが容易に想像できます。

>>730様 《ジモーンとコーディ》
ストリクスヘイヴン、アルケヴィオス次元より、ジモーンとコーディ。ストリクスヘイヴンのキャラクターを共闘させるならまず思いつくのは、異なる学部同士の共闘であったり両面クリーチャーの学長同士の共闘です。しかしそこでマスコットであるコーディを採用するというアイデアを、先に述べていたように同じコストの能力をもっているという共通点からジモーンと組ませるという発想は素晴らしいと思います。それ以外の部分でもお互いにもっている能力らしさを感じられ、非常にいいカードだと思いました。

>>742様 《アシュリングとライズ》
ローウィン次元より、アシュリングとライズ。こちらは先の二つほど意外な組み合わせというわけではありませんが、戦闘ダメージを与えるたびに生贄に捧げるアシュリングと、クリーチャーのコピートークンを生み出すライズはそれだけを見るとあまり共通している訳でもありませんが、合わせることによって疑似的なコントロール奪取という形に昇華しています。ストーリーでも関わり合いのあった二名ということもあり、なかなか面白いカードなのではないでしょうか。


最優秀賞

>>717 Hunter horse様 《フブルスプとラット》
正直これを最優秀賞に選ぶのかという悩みがありましたが、それ以上に素晴らしかったので選ばせていただきました。ラヴニカ次元より、フブルスプとラット。ラヴニカ次元のキャラクターでありながらギルドと殆ど関わり合いの無いフブルスプ(一応アゾリウス議事会所属ですが)と、門無しのラット。先述したように、道迷いと他者から認識されないはぐれ者を共通点として見出して作り出したその手腕は素晴らしいものと言わざるを得ません。悩んだ理由はラットが現在公式にカード化されていないという点だったのですが、”他者に認識されない、手癖が悪い少女”のカード化として文句のつけようがない効果でしたので、最優秀賞として選ばせていただきました。おめでとうございます。
種別
説明が表示されます
追記事項
左の画像に表示されている4桁の英数字を入力してください。
Wise Word BBS 2.1.1 - 問合せ先 | 利用規約 (18.981 ミリ秒)
© 2007-2024 Astral Guild, OWLAIR networks, All rights reserved.