Wisdom GuildMTG wiki ようこそ、名も無き者さん | ログイン
  • 現在、リンクはありません
2022/07/06(水) 06:07:06

対応申請

以下のフォームより、対応を申請することができます。

対象
http://forum.astral-guild.net/board/21/2096/853/
今回のお題は『Pickerが考えたオリジナルメカニズムを使ったカード』でした。投稿作を通じて考えたメカニズム自体の改善点が見つかったりと、Pickerにとってもなかなか有意義なお題でした。

[入賞]
>>819様 《心意気ある刀工》
見事な即製。基本的には武器の方が生け贄にするアーティファクトより性能が低いので、生け贄にできることそのものにも強みを見出せるとより良さそうです。武器自体も生け贄にできるので、それを生かすコンボもまた一興。一言添えられたフレーバー・テキストもいい味を出していると感じます。

>>831様 《遊撃のカリスマ》《ジャンク・クリスタル》《レジスタンスの格納庫》
レジスタンスとそのアジト。お題に沿った一連のカードを提示しつつ、独自の世界観を同時に扱おうとする意欲作です。かなり部族内での結束が強そうな種族タイプですね。土地の出すタイプから白単色の部族であることを匂わせるなど、細部で想像力をかき立てる工夫もお見事。

>>834様 《失われた侵略の神》《忘れられた大地の神》
顕現への道行き。破壊不能を持ち、条件を満たすとクリーチャーになる。なるほどこれもまた一つの神の形だと言えそうですね。いずれも神としてはなかなか重めですが、その分能力も優秀。伝説ながら固有名を持たないのも「忘れられた」ことへの説得力を増しているのが興味深いところ。

[大賞]
>>840様 《油の媒介者》
死後の濫用。カード自体は自分が想定していた残渣の使い方そのまま。cipを持ちつつそのcipの小型版を残渣能力で放つというものです。小粒ながら除去の付随する生物はかなり便利で、それが-1/-1カウンターの形を取るならなおさら。環境に大きな影響を与えるタイプの優良生物だと感じます。フレーバー面に目を向けると、クリーチャー・タイプや-1/-1カウンターの扱いを通じてファイレクシアのフレーバーを乗せてきています。残渣という単語のイメージにもよくそぐう、天晴れな発想だと思います。シンプルながら優良なカード性能、残渣のイメージを強力に補強するフレーバー、両面揃った魅力的なカードだと感じました。大賞おめでとうございます。


以上です。
種別
説明が表示されます
追記事項
左の画像に表示されている4桁の英数字を入力してください。
Wise Word BBS 2.1.1 - 問合せ先 | 利用規約 (6.350 ミリ秒)
© 2007-2022 Astral Guild, OWLAIR networks, All rights reserved.