Wisdom GuildMTG wiki ようこそ、名も無き者さん | ログイン
  • 現在、リンクはありません
2021/04/18(日) 09:23:17

対応申請

以下のフォームより、対応を申請することができます。

対象
http://forum.astral-guild.net/board/21/1656/635/
+

【死亡誘発を持つ黒でも赤でもないクリーチャー】Pick結果です。

[入賞]
>>588 肉じゃが 様 《敬慕される姫将軍、ジェリカ》
軍を率いるカリスマ的人物。生け贄に捧げることができないは多くの状況でデメリット能力となりますがフレーバーがうまく表されています。ロードの弱点である除去されると修整値が失われる点が死亡誘発能力でうまくカバーされていますね。ナイスデザインです。

>>617《改革派の支援飛行機械 》
機体を支援する飛行機械。機械が機械を支援するという一風変わったカードです。墓地に落ちると操縦者がちゃっかり外に出てくる動作がコミカルですね。機体を牽引する飛行機械というイメージが湧きやすく、クリーチャー化しやすくする以外の方法で機体を助けるカードとして新しさを感じます。

>>620《泡の精霊/Bubble Elemental》
《忘却の輪》の系譜の全く新しい一時的除去を行うクリーチャー。死亡すると追放したパーマネントが元に戻るのは従来通りですが、墓地以外の領域に移動すると追放したパーマネントが永久に帰ってこなくなります。白や青が得意とする明滅やバウンスと好相性で、シナジーを狙いたくなるカードです。

>>628《幻影の助手》
幻影能力を持つクリーチャー。ドロー付きのお得な生物かと思いきや、死ぬとディスカードが発生して時間差でルーティングする形となります。死にやすいことが面白さに繋がっているデザインですね。攻防に使うにも十分なサイズで、序盤の戦線を任せられそうです。

>>629《檻魂者》
《集魂者》のリメイク。死後が付いたことで強化されています。魂を集めるほど強くなるという性能は元カードの通りですが、魂を天上に導く者でなく閉じ込める者となったことで監視がなくなるとトークンが現世に解き放たれます。ゲーム的にはお得になりましたね。挙動がイメージしやすく好感触なカードです。

[大賞]
>>632 ふわとろ生ライス 様 《ぎらつくシカール》
ファイレクシアの手に堕ちたレオニン。通常状態ではバニラ同然ですが、装備品を持って死ぬと細菌トークンが残ります。除去を受けた後に装備の付け先に困ることがなく素早くリカバリーができるありがたいカードです。元々細菌に付くことが前提で設計されている生体武器とはどれも相性が良いでしょうし、どんな装備も生体武器化できるのは構築意欲がそそられますね。実用的かつパワーレベルが高すぎず、フレーバーフルである非常に完成度が高いカードだと思いました。生体武器が存在しないセットにも収録可能なデザインであるのも面白いポイントです。大賞おめでとうございます。

+
種別
説明が表示されます
追記事項
左の画像に表示されている4桁の英数字を入力してください。
Wise Word BBS 2.1.1 - 問合せ先 | 利用規約 (0.11 秒)
© 2007-2021 Astral Guild, OWLAIR networks, All rights reserved.