Wisdom GuildMTG wiki ようこそ、名も無き者さん | ログイン
  • 現在、リンクはありません
2019/06/19(水) 22:57:13

対応申請

以下のフォームより、対応を申請することができます。

対象
http://forum.astral-guild.net/board/21/1626/843/
今回のお題は『点数で見たマナ・コストが1であるカード』でした。

[入賞]
>>795様 《番狂わせの入場》
ケイレムの熱狂。スタックの順を吹き飛ばしてパーマネントを着地させる呪文です。キッカーすることで《徴用》と似た効果になりますね。今までに類を見ない効果です。キッカー・コストは青で間違いなさそうですが、本体のコストは赤の方が適してるかもな、とフレーバーを見て思いました。

>>805 八三五様 《黒蓮の儀式》
失われた儀式をもう一度。コストはそのまま、伝説のソーサリーになった《暗黒の儀式》ですね。初動の加速として使えなくなったことで、使い勝手は大きく変わってきますね。黒レジェンドで使い勝手が良さそうなのは《川の殺し屋、シグ》あたりでしょうか。あるいは白黒レジェンド的なデッキを組むか。

>>840 逃亡者様 《枢機の修行僧》
回復はさらなる回復につながる。最初は1/1と小さいものの、3点以上のライフを得ることに成功するとどんどんサイズが伸びていきます。自身が絆魂を持つのも大きく、一度サイズアップに成功すると雪だるま式にサイズが大きくなっていきます。かなりパワフルなカードで、一度使ってみたくなります。

[大賞]
>>819様 《ボロスの遊撃手》
ハイブリッドの有効活用。赤マナで出せば1/2速攻、白マナで出せば1/2+2ゲインの生物になります。それぞれ《僧院の速槍》《大聖堂の聖別者》と比べると性能としてはそこそこ程度ですが、柔軟に使い分けられるのが魅力的ですね。自分が攻める側なら速攻を、守る側ならライフを選んでいきたいところです。シャドウムーアの向上呪文サイクルと類似していますが、1マナであることでどちらか1つの効果しか選べなくなっています。ここのジレンマもカードの魅力を引き立てる助けとなっているように感じますね。決して派手な効果ではありませんが、「1マナである」ということに意味を見出した、今回のお題にぴったり即したカードだと感じました。大賞おめでとうございます。


以上です。
種別
説明が表示されます
追記事項
左の画像に表示されている4桁の英数字を入力してください。
Wise Word BBS 2.1.1 - 問合せ先 | 利用規約 (6.735 ミリ秒)
© 2007-2019 Astral Guild, OWLAIR networks, All rights reserved.