Wisdom GuildMTG wiki ようこそ、名も無き者さん | ログイン
  • 現在、リンクはありません
2018/11/15(木) 22:13:41

対応申請

以下のフォームより、対応を申請することができます。

対象
http://forum.astral-guild.net/board/21/1622/442/
今回のお題は『187クリーチャー』でした。

[入賞]
>>418様 《鏡の脆像》
cipだけならお安く。最近2セットに1体くらいは出ている気がする《クローン》の亜種ですね。点数で見たマナ・コストは同じにして、新たに想起を得ています。なるほど、想起はcip能力ですね。cip能力やpig能力を目当てにするなら想起はこの上なく便利に扱えそうですね。

>>429様 《源流の予見者》
序盤の要。《定業》《とぐろ巻きの巫女》を組み合わせたようなcipが強力です。こういう堅実にアドバンテージを稼ぐ生物はいつだって魅力的ですね。残るクリーチャーのサイズが1/4と序盤を十全に凌げそうなサイズをしているのもまた頼もしい限りです。実在していたら使い倒すこと間違いなしですね。

>>437様 《熱狂する薬術士》
望みのカードを。最近の赤は短期間であれば他の色のできることを真似できるのが特徴になってきていますが、これもそういった系譜のカード。持ってこれる呪文に限定こそありますが臨機応変なサーチは魅力的です。本人の3マナというコストもまた絶妙なラインに感じるのは……ちょっと自分が下環境に染まりすぎているかも。

[大賞]
>>421様 《探検協会長》
冒険者たちを束ねて。ゼンディカーを征く冒険家たち、同盟者の部族カードです。名前から推察するに、同盟者たちが冒険から得た情報を集積して役立てているんじゃないかな、と考えます。同盟者の探検を戦闘ダメージと解釈するのはなかなかに芳醇。必然的に攻撃に向かうことになり、ゲームの終了を早めてくれるというのもデザイン上優れているのではないでしょうか。3マナ2/3という優秀なサイズも、このカードを組み込んだデッキを組む意欲を高めます。結集能力の関係上戦闘前に展開したい、という面でのディスシナジーこそ少々気になりますが、フレーバー面・能力面ともに魅力的な素晴らしいカードだと感じました。大賞おめでとうございます。


以上です。
種別
説明が表示されます
追記事項
左の画像に表示されている4桁の英数字を入力してください。
Wise Word BBS 2.1.1 - 問合せ先 | 利用規約 (7.676 ミリ秒)
© 2007-2018 Astral Guild, OWLAIR networks, All rights reserved.