Wisdom GuildMTG wiki ようこそ、名も無き者さん | ログイン
  • 現在、リンクはありません
2017/12/13(水) 12:20:49

対応申請

以下のフォームより、対応を申請することができます。

対象
http://forum.astral-guild.net/board/21/1615/908/
今回のお題は『2マナ以上出せる土地』でした。非常にバランス調整の難しいお題だったように感じます。そんな中で多くの投稿、ありがとうございます。

[入賞]
>>850様 《統率の聖域》
統率者を出してさらなる展開へ。統率者を早めに出すタイプのデッキに適したカードですね。重いカードが多めになりがちな統率者デッキにおいて、マナ加速となる土地が増えるというのはそれだけで嬉しくなります。無色の統率者にも採用できるよう、好きな「タイプ」のマナを生み出せるとより良いと思います。

>>879様 《商人組合の館》
珍妙な使用制限。ミシュラランドなど起動型能力を擁する土地は意外と数多いので、それらを強力にサポートしてくれそうですね。《大瀑布》あたりと合わせるとあわよくばマナ加速ですね。2枚並べるとマナフィルター能力の起動のためにもう一枚の能力を使え、結果的に2枚の五色土地のように機能するのもなかなか興味深い。

>>905様 《ミシュラのフードショップ(本日開店!)》
無心に回せ。摩擦力との勝負ですね。何回転するかはテーブルやスリーブに大きく左右されそうですが、クリーチャー限定の大量マナを生み出せる土地は言わずもがな強力です。銀枠らしいふざけかた、と言えそうですね。《Magical Hacker》のように、バランスより面白さを優先した一枚とも。

[大賞]
>>880様 《雨ざらしの放棄地》
かつての大平地。平等の色である白らしく、土地枚数で大幅な不利を背負っている時にマナ加速となる能力を持っています。《霧脈の境界石》などで自分の土地枚数を削って能力起動を狙っていきたいところですね。能力の起動コストとしてクリーチャーのタップを要求する部分も、「鍬を振れ」のフレーバーに見事に合致していて素晴らしい。これだけ条件が厳しければ伝説でなくとも問題はあまりなさそうに思えますが、実際のところどうでしょうね。《雨ざらしの旅人》を想起させるカード名がなかなか秀逸に感じました。能力面、フレーバー面、またそれぞれの調和、いずれも良い具合に整っていて、総じてハイレベルな一枚だと感じました。大賞おめでとうございます。

以上です。
種別
説明が表示されます
追記事項
左の画像に表示されている4桁の英数字を入力してください。
Wise Word BBS 2.1.1 - 問合せ先 | 利用規約 (0.40 秒)
© 2007-2017 Astral Guild, OWLAIR networks, All rights reserved.